歯科衛生士が教える、子供の歯磨きの仕方(幼児編)

歯科関連
スポンサーリンク
DHneco
DHneco

こんにちは!DHnecoです。

今日はこんなお悩みを解決していきましょう。

子供のおやつの話を聞いて、ますます

歯磨きの大事さがわかったわ。

でも実際どうやってやればいいの?

DHneco
DHneco

今日は年齢別に細かく歯磨きの仕方を見ていこう!

乳歯について

歯磨きについて学ぶ前に乳歯の基礎知識から。

乳歯は生後半年ぐらいから生え始め3歳ぐらいまでに生えそろいます。

最初は下の前歯(A)からが多いです。

乳歯は全部で20本。大人の歯は親知らずを入れると32本なので乳歯の方が少ないんですね。

乳歯について1番知っていてほしいことがあります。

それは歯の表面のエナメル質が永久歯に比べて薄いこと。

歯の表面はエナメル質という固い材質でできています。

その中は象牙質という少しやわらかい材質。

象牙質まで虫歯が到達すると柔らかいので虫歯はどんどん進行します。

その歯を守るために大切なエナメル質が乳歯は永久歯の半分しかないのです。

よって乳歯は永久歯に比べ虫歯の進行が速いです。

子供が虫歯になると

初期の虫歯は痛みがありません。

このころに歯科医院かかり治療してあげれば問題はありません。

ただ初期の虫歯は見つけにくいため歯科医院の定期健診で見つかることが多いでしょう。

進行した虫歯は痛みが伴います。

そのまま放置していると食事をしなくなる子もいます。

ひどい場合は脱水症状に陥ることもあります。

子供は大人と違いうまく説明ができません。

日ごろからよくお子さんの様子とお口の中を見てあげてください。

歯磨きの仕方

ではここから歯磨きの仕方です。

歯ブラシは基本的に2本用意しましょう。

1本は子供が自分で磨く用。

キャラクターなどその子が好きそうなものを。

始めはゴムのものや柄が丸くなってたり危なくないものを。

もう1本は仕上げ磨き用。

ヘッドの小さな磨きやすいものを用意しましょう。

子供ってまぁ~~~歯ブラシ噛むんですよ。

うちの子なんて3日でこうなってました(笑)

さすがに3日で変えてたら大変ですよね。

なので子供用の歯ブラシは好きにしてもらって。

仕上げ磨き用の歯ブラシでしっかり磨きましょう。

でも両方1か月ぐらいを目安に歯ブラシを新しくしましょう。

基本姿勢は寝かせ磨きです。

頭を膝の上にごろん。

ただまぁ歯磨きは3歳ぐらいまでは嫌がる子の方が多いです。

こんなにお利口にお膝にごろんできる方がすくないですね。頭も動かすから危ないですよね。

虫歯になりやすいのは1歳半ごろから2歳半ごろ。ちょうどイヤイヤ期とかぶってきます。

少しかわいそうですが、このころどうしても嫌がるようなら、

親の両足を伸ばし両足を子供の腕も上に乗せ、太ももで頭をはさんで固定して両手はフリーな状態で磨きましょう。

そ・・・それはさすがにかわいそうじゃない?

子供大泣きするんじゃ・・・。

DHneco
DHneco

1日1回夜だけは1歳半過ぎたら抑えつけてでもちゃんと磨こう。

虫歯になって痛い思いするほうがよっぽどかわいそう!

寝かせ磨きをずっと嫌がって泣く子はいないし、そのうち泣かなくなるよ!

ただ足は力の入れ過ぎに注意だよ!痛くない程度にあくまでも固定するだけ!

○のついてる部分は上唇小帯と言います。

ここに歯ブラシが当たると痛くて嫌がります。

なので上の前歯を磨くときは空いてるほうの手で小帯を抑えて歯ブラシが当たらないようにしましょう。

月齢別歯磨きポイント

生後6か月~8か月

下の前歯が出始めてきたら歯磨きを始めましょう。

始めはガーゼでふき取るだけでもOKです。

慣れてきたら少しずつ歯磨きを始めましょう。

このころから虫歯になるということはほとんどありません。

なので神経質にならずにまず口の中に歯ブラシを入れることにならしましょう。

1歳ごろ

前歯が4本ずつ生えそろってきたらものがはさまりやすくなってきます。

うがいはまだできないので、歯磨き粉をつけるなら研磨剤の入っていないものを少量使いましょう。

おすすめはMIペーストです。

詳しく知りたい方は前のブログ

虫歯になりやすいあなたへ *歯の質の強化編* | 歯科衛生士necoのお口の健康予備校 (dentalhygienist-neco22.com)をご覧ください。

ものがはさまりやすくなるから歯と歯の間にフロスを通しましょう。

糸だけのものもありますが、おそらくそれだと子供に手を噛まれるのでこういうタイプがいいと思います。

1歳半~2歳ごろ

1歳半をすぎて奥歯がだんだん生え始めると虫歯リスクはぐっと高くなります。

このころからは抑えてでも1日1回はきちんと磨きましょう。

長い時間お口をあけてられないので奥歯から磨くのがオススメです。

2歳ごろになったら徐々にうがいの練習を始めましょう。

DHneco
DHneco

泣きながら頑張った後にはぎゅ~~~と抱きしめていっぱいほめてあげてね!

2歳半から3歳

乳歯が生えそろいました。

だんだん歯磨きにも慣れてくるころです。

うがいができるようになれば歯磨き粉も使用しましょう。

歯と歯の間のフロスも週に3回はやりたいところですね。

奥歯の溝と歯と歯の間は特に注意して磨きましょう。

子供が自分で磨くときのお約束

  • 歯ブラシを加えたまま歩かない
  • できれば座ってする

転んだ時のどに歯ブラシが刺さる危険があります。

絶対にやめましょう。

まとめ

DHneco
DHneco

どうだったかな?

あと歯磨きの時は歌を歌ったり数を数えたり、楽しい雰囲気を出そうね!

親が楽しそうにしてたら子供にも伝わるよ!

抑えたりのはかわいそうだけど愛情持って親がやることは子供には絶対伝わるからトラウマになったりしないよ!

DHneco
DHneco

大切な子供の歯、子供が泣くと困ってしまうことも多いけど

ポイントをつかんで悲壮にならずにやっていこうね!

他にもこまっていることがあったらコメント欄で教えてね!

じゃあ今日はここまで!これで今日からあなたもお口美人!

またね!バイバイ~~!!

コメント

  1. どんよる より:

    いつも楽しく読ませてもらっています!
    我が家も3歳半と1歳半の子供がいるので、すごく参考になります。
    上の子は歯磨きに手がかからなくなってきましたが、うがいが上手にできません。
    何かコツとかあれば教えてください。

    • DHneco より:

      どんよるさん コメントありがとうございます。
      うがいの練習のさせかたって難しいですよね。
      基本的には子供は親のマネっこが大好きなので何度も見せてあげることが大切だと思います。
      ただそれだけだとなかなか上手にできない子もいると思いますので後日是非その内容についてお話しさせていただけたらと思います。
      貴重なご意見ありがとうございます。
      更新まで少々お待ちください。今後ともよろしくお願い致します。

  2. どんよる より:

    更新楽しみにしてます!

タイトルとURLをコピーしました